よく分かる保険のしくみ

Home > よくわかる保険のしくみ > あなたの保険はどれかな?
あなたの保険はどれかな?
では、3つの保険種類を勉強したところで、
あなたが実際にご加入されている生命保険がどの種類の保険なのか、
一緒に確認していきましょう。

まずは、お手元にあなたの「保険証券」をご用意してください。
保険証券参考例
保険証券参考例
まずは上の図①を見てください。この保険の正式名称が記載されています。
通常であればこの部分に保険種類を明記してありますので、
どんな種類の生命保険に加入しているかが分かるはずです。
上記の保険証券参考例の場合であれば、
加入している保険種類は「終身保険」ということが分かります。

では次に、保障内容について確認をしていきましょう。
②の「ご契約内容」欄をご覧ください。


「主契約」について

【ご契約内容1】の「主契約」とは、この保険のメインの保障部分で、この例では、「主契約」が「終身保険」ということになります。
保険金額は10万円で、保障期間は終身ですから、10万円の死亡保障に、一生涯加入しているということが分かります。


「特約」について
【ご契約内容2~6】の「特約」とは、この保険のオプションの保障部分で、
この例では、主契約に「付帯されている保障」ということになります。

たとえば【ご契約内容2】の「定期保険特約」ですが、
保険金額は2,990万円、保険期間は10年間ということになります。
保険の基礎で勉強した、保障される期間が定まった「定期保険」というワケですね。

ここでご注意点が1つ!
主契約と、特約とでは、保障される期間(保険期間)が異なる場合があるという点です。
主契約である終身保険の保障期間は終身(一生涯)ですが、
特約である定期保険の保険期間は10年になっています。
 
  つまり、終身保険10万円に、定期保険2,990万円を上乗せして、
終身保険と定期保険の2つを合せて3,000万円の保障を作っている訳ですが、
その2,990万円の保障部分は10年間だけのものであり、
3,000万円の保障が一生涯続くワケではないということです。
「終身保険って書いてあるから、3000万円の保障が一生続くと思っていた・・・」

実は、こんな風にコメントされるお客様、とっても多いのです。
「主契約」と「特約」の組み合わせが、すごく分かりにくいのですよね。

通常であれば、この定期保険の特約は、「更新」が可能になりますので、
10年経過後に再度、定期保険2,990万円を継続することができますが、
「更新」は40歳の年齢で再計算されるため、保険料がUPしてしまいます。


お子様にお金がかかる時期に、更新では大変ですから、
「いつごろ更新がきて、保険料がいくらUPするのか」
これくらいは把握しておきたいものです。

「でも・・・そもそも保険証券ってわかりづらい・・・」
そんな声が聞こえてきそうですが、
保険証券もグラフにすることによってすごくわかりやすくなります。

例えばこんな感じです。


死亡保険3,000万円


このようにパパの年齢、ママの年齢、お子様の年齢まで、時系列に並べてあげて、
定期保険について、「いくらの保障」が「何歳まで続く」のかグラフ化し、
終身保険について、「いくらの保障」が「何歳まで続く」のかグラフ化してあげると、
あなたが加入されている保険がどんなものなのか、簡単に理解できますよね。

ご加入されている保険の「内容がわからない・・・」
そんな方は一度証券をグラフ化してみてはいかがでしょうか?
きっと今までわからなかったところが、よーくわかるようになりますよ。

そうは言っても「保険証券ってわかりづらいし、グラフなんて作れない・・・」
なんて方は、ライフサロンの「現状確認サービス」を是非ご利用ください。


お客様の想いをお聞きして、お客様のペースで保険選びをお手伝いいたします。