5分で出来る!自分の生命保険簡単チェック

Home > 5分で出来る!自分の生命保険簡単チェック
あなたが加入しているその保険、保障内容について、ちゃんと理解をされているでしょうか?
更新で保険料が上がるタイプ?それともずっと上がらないタイプ?

保険には「何年かおきに更新がきて、その度に再計算されて保険料が
あがるタイプ」
と、 「更新がなく、ずっと保険料が上がらないタイプ」
ありますが、 あなたの保険はどちらのタイプですか?

そもそも更新ナシで保険料が上がらないタイプの存在自体、
ご存知ない方もいらっしゃるようです。

もちろん保険料が上がる更新タイプが悪いわけではないのですが、
1回目か2回目など若い時の更新はそれほど上がらないものの、
40代、50代の更新になると保険料が
予想以上に上がるケースがあるので注意が必要
です。

もしご自身が加入されている保険が、更新タイプかどうか分からないようなら、
一度確認をしてみてもいいかもしれませんね。

病気・ケガで入院・・・あなたは備えをしてる?

あなたは、入院に対する備えはしていますか?

入院に備える保険は一般的に「医療保険」と言われるもので、
入院してしまった場合に1日5,000円とか1万円とか、
給付金を受取ることができる保険のことをいいます。

生命保険などの死亡保険に加入していると、
それと一緒に医療保険が付加されているケースが多いので、
多くの方がこの医療保険にも同時に加入されているのですが、
もしそうだとしたら一つだけ確認が必要です。

それは、その医療保険が「いつまで継続可能か」という点です。

あなたは、入院したら給付金を受取ることができる医療保険を、いつまで必要としますか?

60歳までですか?80歳までですか?それとも一生涯必要としますか?

長生きの時代、いつ入院してしまうか分かりません。いつまで医療保険があったら安心できるでしょうか?

もし一生涯必要だとお考えの方は、必ずご自身の保険を確認してみてください。

60歳、あるいは80歳で期間が満了してしまい、老後の医療保険がなくなってしまうこともあるのです。

子供が大学に行きたい・・・あなたは教育資金の準備をしてる?

「とりあえずと思って安いものに入ったのに、結局そのままになってしまった・・・」
「独身時代から加入していた保険のままで、結婚後も特に見直しをしていない・・・」
「こどもが生まれたのに、今までの保障で大丈夫なのかなぁ・・・」


あなたはどうですか?
実は、このように保障に対して不安を感じている方からの
ご相談がとても多いのです。


月々の保険料が2,000円くらいの保険であれば、
死亡保障は400万程度、入院の保障は5,000円程度のものが多いですが、
守るべきご家族がいらっしゃる世帯主様の保障としては、
少し不安を感じる方もいらっしゃるようです。


例えばですが、月々の生活費が20万の場合、
400万の保障で残されたご家族の生活費を補うとすると、
20ヶ月、つまり1年8ヶ月で生活費が尽きてしまうワケです。


「保障が少ないのは分かるけど、でも一般的な保険って高いでしょ?」
そんなお声が聞こえてきそうですが、
そんな方は「保険の目的が生活費の場合」をご覧ください。
保険に対するイメージがガラッとかわるはずです。

実は・・・保険料の負担を軽くしたい

毎月、毎月お支払している保険料、
「少し負担だな…」なんて感じたことはありませんか?

実際に、ライフサロンにも、
「保障内容はそのままで、保険料だけを抑えることはできませんか?」
というご相談が沢山寄せられています。

あなたは、今までに保険会社ごとの保険料を調べて、どこが一番安いのか、確認をしたことがありますか?

「相見積り」と呼ばれるものですね。

通常、車を買うときや、家を買うとき、何か物を買う時には、この相見積りって普通に行われるもので、
当たり前の節約術ですよね。

でも保険については、なかなか相見積りをしてから加入される方が少ないのも事実なのです。

そもそも保険ってよく分からないから、いくつもの保険会社に出向いてそれぞれの説明を聞き、
自分で内容を検討して判断するって、現実的ではないようにも思います。
だからこそ、1社の話だけを聞いてそのまま加入というケースがほとんどだったワケですね。

もし、「保険料の負担を軽くしたい・・・」なんて想いがあるようであれば、
あなたが加入している保険会社の保険料と、
ライフサロンが取り扱っている保険会社と保険料を確認してみてください。

ライフサロンでは下記の通り複数の保険会社を取り扱っていますので、
保険料はもちろんのこと、保障内容についても一度で簡単に確認することができます。

比べてみて、保険料の負担が軽くならないようであれば、今の保険は自信を持って続ければいいし、
もし、保険料の負担が軽くなるようであれば、どちらがあなたにあっているのか、検討してみてもいいかもしれませんね。


あなたが加入しているその保険、ちゃんと理解してる?

もちろんあってはならないことですが、ご家族に万が一のことが起きてしまった時、
保険金をいくら受け取れるか、あなたはすぐに分かるでしょうか?

もし分かったとして、その保険金はいつまでその金額を受け取ることが
できるでしょうか?

「いくらを、いつまで」
保険に加入される上で非常に重要なポイントです。

例えば今、世帯主様にもしものことが起きてしまった場合、
3,000万円の保険金を受け取ることができたとしても、
10年後、20年後、30年後も同じように3,000万円の保険金を受けとることが
できるでしょうか?

お子様が、中学・高校・大学と進学する、1番お金がかかるときになって、
保険料が上がってしまったり、保障が薄くなったりしてしまうことはありませんでしょうか?

本当に必要な時に、キチンと機能しなくては、保険に加入している意味がありません。

しかしながら、ほとんどの方がちゃんと保険料を支払っているにも関わらず、
ご自分が加入されている”保障内容の将来”について、あまり理解をされていないようです。

「あっ!?私もそうかも???」
「今の保障内容は分かっても、将来の保障内容と言われると、よく分からない…???」
なんて方は、下記の「現状確認サービス」をご利用ください!

保険の現状確認無料サービスについて

ライフサロンでは、「保険の現状確認サービス」をスタートしました。

このサービスは新たに保険契約をしなくても、今現在加入されている保険の保障内容をわかりやすくご説明したり、
保険をグラフ化してライフスケッチを作成する無料サービスです。

今の保険を形にします

保険に加入していると、必ず保険証券が発行され、ご自宅へ郵送されていると思いますが、
届いた保険証券をちゃんと確認をしたことはあるでしょうか?

見ても難しい保険用語ばかりが並んでいるので、ほとんどの方がそのまましまってしまうケースが多いようですが、
ライフサロンではこの保険証券を分かりやすくグラフ化します。

同時に、パパだけでなく、ママやお子様のご年齢も時系列に並べることで、
お子様が中学校に入るときはどんな保障が残っているのか、老後の保障はどうなっているのか、など
今だけでなく、一生涯の保障内容がはっきりしてくるのです。

先ほどもご説明したように医療保険が何歳まで必要なのか考えた時に、
あなたが一生涯必要だとしたら、このグラフが一番右まで伸びていなければいけないわけですが、
現在ご加入のものが60歳で止まってしまっていたらどうでしょうか?

60歳になった時に、新たに保険に加入されるという方法もありますが、
年齢を重ねると共に保険料が上がっていくのが生命保険の仕組みですので、支払いが厳しい可能性もありますよね。

また、保険は健康体でないと加入が難しいわけですが、
60歳までにご病気を患ってしまい、体況上の理由で保険に加入できなくなってしまう可能性もあります。

これは一つの例ですが、今から将来の保障内容を確認しておくことで、
もしもの時にキチンと機能できる保険を備えることができる
のです。
毎月よく分かっていない保険に保険料を支払うより、
ちゃんと理解して納得し安心できる保険に保険料を払ってあげた方が、満足度は高いですよね。

以上になりますが、上記5つの質問、
実のところ、ライフサロンに寄せられるお客様からの
お客様の保険のお悩みベスト5
なのです。

あなたが、もしこの5つのどれかに該当しているようであれば、
是非一度「保険の現状確認サービス」をご利用ください。

きっと、大切な家族を守るための保険を備えることができるはずです。

お客様の想いをお聞きして、お客様のペースで保険選びをお手伝いいたします。