カシコイ学資保険の選び方

Home > カシコイ学資保険の選び方 > 定期保険学資プランのご紹介
返戻率116%!定期保険学資プランのご紹介

お子さまの教育資金を積み立てる場合、先程ご紹介した「貯蓄性重視の学資保険」を考えられる方が多いのですが、

実は、下記のような方法もあるのです。

通常の「生命保険」でパパの死亡リスクに備えながら学資準備にも活用できる方法です。

この保険を使われるお客様もおられますので、ここで紹介しますね。

定期保険学資プランについて
定期保険学資プランについて

例えば、お子さまの教育資金の準備として、毎年約13.1万円を14年間、この保険を使って積立をしたとします。
毎年約13.1万円支払い、14年間で約184.4万円の支払いをします。
支払いはここで終了するので、15年目以降の支払いはありません。
あくまで支払いは14年間で約184.4万円で終了です。

この保険の特徴は、支払いが終わった後に解約をすると、解約返戻金が一定時期まで支払保険料累計を上回る という点です。
つまり、支払終了後である15年目以降に解約をすると、返戻率が高くなりはじめ、
お子さまが高校三年生である18歳の時に解約すると、返戻率が110.8%になります。(100歳満了時には返戻金は0円になります)

つまり、14年間での支払総額は約184.4万円ですが、
18年目に解約すると約204.5万円を受取ることができるので、約20万円もお金が増えたことになります。
しかも、この返戻率は確定値であり、株式などのような変動リスクもないので安心です。

※保険料払込期間中は低解約返戻期間となっております。

”使い勝手”について

一般的な学資保険は、お子さまが大学入学前の18歳の時に満期がきて、お金を受取ることができますが、
裏を返すとこれは、大学に行っても、行かなくても、お子さまが18歳になればお金が戻ってくることになります。

「定期保険学資プラン」の場合は、18歳の時にお金が必要なければ、
そのまま解約せずに継続し、お子さまの結婚資金ご自身の老後資金などに活用することもできます。

下記の例でいうと、大学入学に備え、高校三年生の時に204万円受取れるよう準備していましたが、
その時に必要なければ、そのまま置いておき、お子さまが30歳になった時に結婚資金などに活用することもできるのです。
この場合、約184.4万円の支払いに対し、約230.8万円も受取れるので、約46.4万円もお金が増えたことになるのです。

お子さまが30歳になった時に、「結婚したいのだけど…」なんて相談してきたら、
パパとママから「結婚資金の足しにしないさい」ってプレゼントしてあげるのもステキですよね。

また、お子さまが4年制の大学に行けるように、高校三年生の時に204万受取れるように準備していたとします。
しかし、お子さまのご希望により、4年制の大学ではなく、2年制の短期大学になるケースも考えられますよね。

進学先が変更になったことで、用意していた204万円が全額必要ないなんて場合には、
「定期保険学資プラン」の場合、204万円の中から必要な金額だけを受取る(一部解約)ことができます。

つまり、貯まっていた204万円のうち、半分しか必要ないということであれば、
お子さまが18歳の時点においては約102万円だけを解約して受取り、
残ったお金は、お子さまがご結婚される30歳時点で受取るなんてこともできるのです。

必要な時に、必要な金額だけ受取れて、解約しないで置いておけば、自動的に一定の期間は解約返戻金を増やすことができるので、
“使い勝手”という観点で見た場合でも、優れているといえるかもしれません。

”パパの死亡リスク”について

前述で、パパ(ママ)の死亡リスクについてご説明しましたが、
例えば、お子様が18歳の時に200万円を受け取れる「貯蓄性重視の学資保険」に加入していたとします。

この場合、お子様が10歳の時に、パパが亡くなってしまったら、それ以降の支払いは免除してもらうことができました。

つまり、お子さまが10歳から18歳までの間、保険料の支払いは一切していないのですが、
予定通り18歳の時に200万円を受取ることができるのです。これが「貯蓄性重視の学資保険」のメリットでした。

これに対し、「定期保険学資プラン」はどうでしょうか?
実はこの保険、パパの生命保険を使っているので、パパの死亡時には保険金を受け取ることが出来ます。

では、下記の例を見てみましょう。
この保険の場合、お子さまの教育資金を準備している間に、パパに“万が一”が起きてしまった場合、
いつ亡くなっても、亡くなってしまった時点において、300万円の保険金をすぐに受取ることができます。
その為、パパに“万が一”があった場合でも、この300万円でお子さまを学校に行かせてあげることができるのです。

ポイントは、「亡くなった時点で受取れる」という点と、「300万円の保険金」という点、の2つ。

少し分かりづらいので、「貯蓄性重視の学資保険」と「定期保険学資プラン」を比較してみましょう。

例えば、パパが40歳(お子さまが10歳)の時に亡くなってしまった場合、
「貯蓄性重視の学資保険」は、
パパが亡くなってしまってから8年後の、お子さまが18歳になった時点で200万円を受取ることができます。

「定期保険学資プラン」は、
パパが亡くなってしまった時点、つまりお子さまが10歳の時点で、360万円の保険金を受取ることができます。

同じような保険ですが、「受取りの時期」と、「受取れる金額」が全然違うという点、お分かりいただけたでしょうか?
まとめ

ここまで、「貯蓄性重視の学資保険」「定期保険学資プラン」の特徴について、簡単に説明をさせていただきました。

その上であなたに質問です。

再度、深呼吸をして下記の3つのアンケートにお答えください。

あなたにとって「貯蓄性・返戻率」は、高い方が望ましいでしょうか?

□YES      □NO

あなたは「使い勝手がイイ」に、魅力を感じますでしょうか?

□YES      □NO

あなたは「パパの死亡時」に、保険金を受取れた方が安心でしょうか?

□YES      □NO

あなたの回答が、2つ以上「YES」だった場合は、「定期保険学資プラン」をおススメします!

この保険を使うことで、より貯蓄性の高い方法、かつ安心できる方法で、
お子さまの教育資金を準備することができるからです。


ここまで、学資保険の目的に応じて
「保障重視の学資保険」
「貯蓄性重視の学資保険」
「定期保険学資プラン」
をご案内してきましたが、どのプランがあなたの希望に近いのか、目的をハッキリすることはできましたでしょうか?

どのプランにするか決まった方は、次に「毎月いくら支払えるかな?」といった支払額について考えてみてください。

その時のポイントを最後にまとめましたので、是非参考にしてみてください。


お客様の想いをお聞きして、お客様のペースで保険選びをお手伝いいたします。