カシコイ学資保険の選び方

Home > カシコイ学資保険の選び方 > 【B】将来の教育資金を貯蓄したい
【B】将来の教育資金を貯蓄したい
「貯蓄性重視の学資保険」について

「保障重視の学資保険」に対し、

「保障」という機能を無くし、「貯蓄性」を高めた学資保険があります。

私たちはこのような学資保険を「貯蓄性重視の学資保険」と呼んでいます。

保障重視の学資保険と違い、貯蓄重視の学資保険の場合、お子さまの医療保障はありません。

お支払いした保険料は保険会社の利率で運用されるので、
結果、支払金額より、戻ってくる受取金額の方が多くなり、お金が増えてくれるのが一般的です。

「貯蓄性」を重要視しているため、お子さまの「入院の保障」はありませんが、
「支払」と「受取」を比較すると、支払った金額より、
受け取れる金額が増えてくれる学資保険もあるのです。

貯蓄性を比較

「保障重視の学資保険」と、「貯蓄性重視の学資保険」の貯蓄性だけを比較した場合、
高校三年生時に受取れる金額は200万円となっており全く同じです。

しかし、0歳から18歳までの支払合計については、
「保障重視の学資保険」の方が、
「貯蓄性重視の学資保険」より、
支払金額は大きくなってしまいます。

18歳時の受取金額200万円という金額に対し、支払金額には差が発生してしまうワケですから、
一番最初に「保障重視」なのか「貯蓄性重視」なのか、あなたの目的をハッキリさせてあげて、
目的にあった学資保険を選択することがとっても大切なワケなんです。

パパの死亡リスクについて考える

「貯蓄するだけなら、わざわざ保険なんて使わないで、普通に貯金すればいいんじゃないの?」
そんなご質問をいただくことがありますが、貯金と保険には決定的な違いがあります。

例えば、お子さまの教育資金は、パパのお給料から少しずつ貯金をしていくケースが多いと思われますが、
もし、お給料を持ってきてくれるパパに「万が一」が起きてしまった場合、残されたママは貯金って続けられるでしょうか?
毎月、毎月、当たり前にあった「お給料」ですが、
パパが亡くなってしまった瞬間から、今まで通りの生活はできないはずです。
当然に貯金も難しくなってきますよね。

でも、パパがいなくなっても、お子さまは必ず大きくなり、いつか高校・大学へと進学する時期が来るはずです。
そんな時、子供が学校へ行きたいと言えば、行かせてやりたいというのが親心。
天国のパパも必ずそう思うはずです。経済的な理由で学校へ行かせられないのは、あまりにも残念ですよね。

なので、「学資保険」には、
パパに「万が一」が起きてしまった場合でも、今まで通り貯蓄できる為の保障はついているのです。

例えば、お子さまが高校三年生の18歳時に200万円を受け取れるタイプの学資保険に、パパが加入していたとします。
お子さまが0歳の時からスタートし、毎月毎月支払いを頑張っていましたが、
お子さまが10歳の時に、パパが亡くなってしまったら、それ以降の支払いは免除してもらうことができます。

その為、お子さまが10歳から18歳まで8年間もの間、保険料の支払いは一切していないのですが、
お子さまが18歳の時になると、予定通り200万円を受け取ることができるのです。

つまり、「学資保険」は、「貯金」と違い、
パパに”万が一”があった場合でも、教育資金を準備できるということになるのです。
これならお子さまの将来についても安心ですよね。

その為、貯蓄性重視の学資保険の場合、“貯蓄性に優れていて”、なおかつ“パパの万が一にも対応できる”ので、
学資保険の方がイイかな?とご検討されるのですが、
“貯蓄性”と“パパの万が一”を備えたいという視点で考えた場合、実は別の方法があるのはご存知でしょうか?
ライフサロンのお客様もご利用される、その保険について次のページでご紹介しますね!


お客様の想いをお聞きして、お客様のペースで保険選びをお手伝いいたします。