カシコイ学資保険の選び方

Home > カシコイ学資保険の選び方 > 【A】お子さまの保障を準備したい
子供が大きくなるまでの間の保障を準備したい
お子様の保障を考える

一般的な「学資保険」は、

お子さまの保障と教育資金の貯蓄がセットになっているものが多いです。

私たちはこのような学資保険を、

「保障重視の学資保険」と呼んでいます。

例えば、大学用の教育資金の積み立てのために
お子さまが0歳の時からスタート、高校3年生の18歳になるまでの18年間で積み立てをし、
高校三年生時に満期祝金として200万円受取れる学資保険をスタートしたとします。

保障重視の学資保険は「保障重視」というくらいですから、お子さまに保障が付いてきます。
では、お子さまにどのような保障が付いているのかと言うと、
お子さまが0歳から18歳になるまでの間に入院をしてしまった場合に、
「入院してしまったら、1日につき3,000円受け取れますよ」という医療保障が一般的です。

保障重視の学資保険に付加されている、この医療保障自体に問題はありません。
お子さまが入院してしまった時の備えとして、保障が付いているワケですから安心です。
しかし1点だけ注意しなくてはいけないポイントがあります。
それは「保障」が付いているという事は、そこには当然「保険料」という「費用」が発生してしまうという点です。

つまり、高校三年生の18歳時に200万円受取れる保障重視の学資保険の場合、
0歳から18歳までに支払う金額には「保険料」が含まれるので、保険料が上乗せされます。

結果的に「貯蓄」をしながら、同時にお子さまの「保障」も買っている事になりますので、
保険料は増えるのに、受取りはそのままとなってしまうことから、
「支払」と「受取」だけを比較すると、支払った金額より、
受け取れる金額が減ってしまうことになるのです。

「お子様の死亡保障」について

お子さまが小さいうちは何かと病院にかかることも多いので、入院についても心配ですよね。

しかし、お住まいの市町村によっては、「こども医療費助成制度」があるのはご存じでしょうか?

たとえば上尾市の場合

入院については、お子さまが15歳に達する日以後、最初の3月
31日までにかかる医療費を助成しています。

つまり中学校を卒業するまでは、入院にかかる医療費は
上尾市が負担
してくれています。

ここでもう一度、保障重視の学資保険についている医療保険を
思い出してみましょう。

0歳から18歳までの間に入院をしてしまった場合の備えを目的
とした保険ですが、
実際には、こども医療費助成制度が使えますから、
上尾市の場合で言えば、0歳から15歳までの間は、
保障が重なる
ことになってしまいます。
※収入制限等ございますので、詳細は各市町村にご確認ください。

その為、こども医療費助成制度が使える市町村にお住まいの方にとっては、
必ずしもお子さまの医療保障は必要ない
と考えることもできるかもしれませんね。

「お子様の医療保障」の必要性について考えてみましょう

さて、お子さまの医療保障について簡単にご案内させて頂きました。
あなたにとって、お子さまの保障は必要でしたか?それとも不要でしたか?

もちろん、保障は無いよりもあったほうが安心かもしれませんね。
ただ、そこには「保険料」という「費用」が発生します。

先程の例では、お子さまの保障を付ける事により、
払った金額より、戻ってくる金額が少なくなっていましたね。

当然、高校生でケガや病気で入院しないとは断言できませんし、上尾市からお引越される場合等も含め、
助成がなくなるケースもあると想定する考え方もあります。

大切なポイントは、あなたにとって必要な保障か?ということです。

まとめ

「保障重視の学資保険」の特徴と「お子さまの保障」について、簡単に説明をさせていただきました。

その上であなたに質問です。

下記の2つのアンケートにお答えください。

「お子さまの医療保障」は、あなたにとって必要な保障だったでしょうか?

□YES      □NO

この保障があることによって、「その分の保険料が必要になる」ことは納得できるものだったでしょうか?

□YES      □NO

この2つのアンケートに対し、全て「YES」だった方は、
この「保障重視の学資保険」をおススメします!

お子さまの保障が充実しているので、安心できるはずです。

しかし、「お子さまの医療保障」はなくても大丈夫かなぁ?
「お金が減ってしまう」よりは、「お金が増えた方がイイかなぁ」なんて方は、
次のページから始まる「貯蓄性重視の学資保険」のページをご覧になってみてください。


お客様の想いをお聞きして、お客様のペースで保険選びをお手伝いいたします。